HOME > 一般診療

一般診療General practice

虫歯は、発生部位や病巣の形態・進行度等により分類されます。

  • エナメル質に進行した虫歯

    C1

    エナメル質に進行した虫歯。痛みはありません。
    この状態では治療の必要はありません(経過観察のみ)

  • 象牙質に達した虫歯

    C2

    象牙質に達した虫歯。冷たいものがしみます。
    この状態では樹脂製や金属製の詰め物の治療が必要です。

  • 歯の神経に達した虫歯

    C3

    歯の神経に達した虫歯。冷たいものに加えて熱いものにもしみてきます。自発痛がある場合があります。
    この状態では神経の治療(根管治療)が必要です。

  • 歯が崩壊し根だけの状態

    C4

    歯が崩壊し根だけの状態。ここまでくると神経が完全に死んでしまうため逆に痛みはなくなります。しかし神経の管を通ってバイ菌が骨まで侵入し骨の炎症を引き起こすことがあります
    この状態になると歯を助けられる可能性は極端に低くなります。

無痛麻酔

無痛麻酔

一般的な虫歯治療ですと、通常注射による麻酔を行います。しかし、その注射自体も痛みを伴うことがありますので、注射前に歯茎に表面麻酔をし、最細の麻酔針を用いて麻酔をするようにしています。こうすることで痛みもほぼなく、注射をすることができます。

歯の根の治療

歯の根の治療(根管治療)

先の虫歯治療の表記に、ある様にC3以上の虫歯になると根管治療が必要になります。
これは歯の根の先に侵入したバイ菌を除去し、再びバイ菌が侵入しないようにする治療です。
この治療は歯を長く持たせるのに重要な治療になるため、当院では特に力を入れています。